文字サイズ

立命大・山足3安打2盗塁!虎も高評価

 「関西学生野球、関学大0-6立命大」(7日、南港中央)

 立命大、近大が勝ってそれぞれ勝ち点を挙げた。立命大はドラフト候補の山足達也内野手(4年・大阪桐蔭)が3安打2盗塁と打線をけん引し関学大を圧倒。近大は同大のミスに乗じて逆転した。立命大、近大は第6節で直接対決し、近大が連勝すれば優勝が決まる。

 悔しさが力へと変わった。前節の関大戦から4番に座った山足が、3安打2盗塁の活躍で打線をけん引。計4試合で17打数9安打と「人生初」の主軸を見事に務め上げているが「自分としては1番から4番に降格だと思ってます」と言う。

 名門・大阪桐蔭時代から俊足好打の1番で鳴らしてきた。だが今季は開幕から思うような結果が出ず、後藤監督は「どっしり打ってもらいたかった」と起用の理由を明かす。

 この日は初回に中前打で好機を拡大。六回先頭では左中間三塁打を放ち、貴重な追加点のホームを踏んだ。続く七回にも中前打を放ち2試合連続猛打賞。視察した阪神・熊野スカウトは「足は速いし、打撃も力のあるところを見せてもらった」と高評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス