文字サイズ

西武、守乱で連敗…野上は次戦回避も

 「西武0-2ソフトバンク」(4日、西武ド)

 守乱が黒星に直結した。24年ぶり開幕5連勝の勢いを完全にそがれる連敗に、西武・田辺監督は「これでは日本一のチームになれない」と、珍しく厳しい口調で振り返った。

 両軍無得点の四回、1死二塁だ。内川の中飛を好捕した中堅・秋山が、タッチアップした二走・柳田の走塁に焦って悪送球。中継した遊撃・金子侑の捕球ミスも重なり、一気に生還を許した。秋山は「落ち着いて投げるべきだった」と肩を落とした。七回も守備のミスが原因で追加点を奪われた。

 先発の野上は、二回に李大浩の打球が左膝上に直撃し痛みがひどくなったため5回で降板。次戦登板を回避する可能性も出てきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス