文字サイズ

中畑監督マイク離さず大爆笑ひとり舞台

 ファンの親子と記念撮影する原監督(前列左)、谷繁監督兼選手(同右)、(後列左から)中畑監督、和田監督、緒方監督、真中監督
苦手の広島・緒方監督に“宣戦布告”したヤクルト・真中監督
山井の開幕投手を明言した中日・谷繁監督兼選手
3枚3枚

 マイクが似合う。DeNAの中畑清監督(61)が23日、都内で行われたセ・リーグファンミーティングで堂々の主役を務めた。まずはボケから。オープン戦を回顧し「大敗する試合も“なかったキヨシ”」。司会者からマイクを手放さないことを指摘され「いつ振られてもしゃべれるようにしないと落ち着かないのよね。マイクヮ(前川)キヨシってね」-。

 こん身のギャグは大滑りしたがヘコたれない。「最長老監督になっちゃった。落ち着いていこうと思ったけど無理みたい」。これは爆笑を誘ってトークが弾む。ヤクルト・真中監督から「中畑さんの尺が長すぎる」、中日・谷繁監督からは「選手を紹介するのに監督ばかりしゃべっている」と指摘されたほど。

 巨人・原監督の「巨人の大型三塁手と言えば、長嶋さん、中畑さん、原辰徳」という言葉に、「長嶋さんに続いて引用してくれた。うれしかったな。ありがとう!」。ほめ殺しを素直に喜ぶ姿が、爆笑を呼んだ。

 もちろん、笑いを取っただけではない。「開幕で勝って、先頭を切ってこの1年間中心になるという強い気持ちで戦い抜きたい」。シーズン中も主役に立つと約束した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス