文字サイズ

G村田、バット軽量化で藤浪の剛球対策

 巨人・村田修一内野手(33)が3日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の3億円でサインした。今季は阪神・藤浪ら速球派に苦戦した傾向があり「(来季は)バットのグラム数をちょっと軽くしようと思う」と、対策に乗り出す考えも明かした。

 打率・256、21本塁打、68打点。チームはリーグ3連覇を果たしたが、村田自身にとっては不本意なシーズンとなった。「(直球に)差されるケースが目立った。(来季は)スムーズにバットを出せればと思う」。これまでは最大970グラムのバットを使用していたが、来季は学生時代以来となる930グラムへ変更する予定だ。

 来季は3年契約の2年目。選手会長として、目標はV9以来となるリーグ4連覇を掲げた。「相手は打たれないようにと投げて来るので、上回っていきたい」。新たな“相棒”を手に、ライバルをなぎ倒す。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス