文字サイズ

ジョイマン月収激減で「仕事ください」

特別試写会に“人気急降下芸人”として登場したジョイマンの高木晋哉(左)と池谷和志=大阪市内
1枚拡大

 2008年にラップネタで瞬間ブレークした、お笑いコンビ・ジョイマンが8日、大阪市内で行われた、極限の急降下アクションを繰り広げる映画「X-ミッション」(20日公開)の特別試写会に“人気急降下芸人”として参加。高木晋哉(35)が月収が180万円から10万に急降下したことを告白した。

 観客にはサプライズ&紹介なしで、いきなり登場してネタ披露。会場は「???」ときょとん。高木は空気を察知し、「ザワつきましたね、誰?誰?と」と苦笑いした。

 MCから全盛期の月収を聞かれると高木は「そんなの言えるわけ…180万!その前はほぼゼロでしたし、吉本でこれはかなりですよ」と胸を張ったが、現在は「すっごい落ち方なんで、引かないでくださいよ。10万。嫁と子供がいるんですが」。相方の池谷和志(34)も「昔からジョイマンの“じゃない方”ですが、8万。。

 高木は「昔はタクシーでしたが、今は徒歩。おかげで健康になり、ステップも高く飛べます」と語り、その後は再び「2008年、休みなかったけど、いまは仕事週サン、自己破サン」と自虐ネタを披露。最後は「今年はもう…よいお年を!」と笑わせ退場した。

関連ニュース

デイリーペディア

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリースポーツ
ネットショッピング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス