文字サイズ

田代まさし氏、入手経路黙秘理由を語る

田代まさし
1枚拡大

 元タレントの田代まさし氏(59)が5日、フジテレビ系「とくダネ!」のインタビューに答え、2日に逮捕された清原和博容疑者が、入手経路はしゃべらないとしていることについて、自身の体験をもとに、その“理由”について明らかにした。

 清原容疑者は、覚せい剤の所持、使用については認めているものの、入手先については「しゃべらない」としている。これについて、暴力団からの報復を恐れているという見方もされているが、田代氏は違った見解を示した。「売人の名前は誰にも言わない」とし、その理由について「出所したときに連絡ができなくなり、次に頼めなくなるから」と説明。再び覚せい剤を手に入れられなくなる恐怖が、入手経路をしゃべらない理由の1つだと解説した。

 さらに「『やめるんだ』という部分が生まれてこないといけないが、彼にはまだ意識の変化がない」とピシャリ。覚せい剤に手を染め、再犯を繰り返してしまった自分だからこそ言えると、厳しく指摘した。

 現在の田代氏自身は、覚せい剤について「刑務所で3年半、(出所して)1年7カ月使っていない」としている。一方で「それでも、いまだに薬をやりたい、という瞬間が訪れてしまうというのが、薬物の怖さ」と5年以上たった今でも、薬物の誘惑が時折おそってくることを告白。清原容疑者が完全に薬物を断ち切るためには、かなりの時間が必要だということをにおわせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス