文字サイズ

鈴木奈々、脊山麻理子がセクシーコスでプロレスデビュー

大胆なコスチュームで登場した脊山麻理子
宝城カイリ(左)のチョップの応酬に悲鳴を上げる鈴木奈々
松本浩代をで攻める脊山麻理子
宝城カイリにおんぶされて引き揚げる鈴木奈々(上)=後楽園ホール
4枚4枚

 “おバカタレント”鈴木奈々(28)と元日本テレビアナウンサーでタレントの脊山麻理子(36)が22日、東京・後楽園ホールで行われた女子プロレス団体・スターダムの興行でリングデビューを果たした。

 多種多様な業界のプロがガチンコでスカウトするテレビ朝日系の特番「スカウちょ!」(1月4日放送)の企画がきっかけとなって参戦した2人。体重40キロながらワンダー・オブ・スターダム王者の宝城カイリに挑んだ鈴木はコーナー上からのモンゴリアンチョップを放つなど奮闘したが、終始圧倒されて敗れた。

 脊山はワールド・オブ・スターダム王者の紫雷イオと組み、松本浩代、ジャングル叫女組と激突。相手の打撃に悲鳴を上げながらも果敢にエルボー、回し蹴りなどを繰り出し、最後は松本をコーナーに押さえつけてイオのフォールをアシストし、白星で飾った。

 試合後、鈴木は「怖いし、痛かったです。でもいい経験ができてよかった」と笑みを浮かべ、イオからねぎらいを受けた脊山も「プロレス大好きです。最高です」と満足顔。今後の参戦について、鈴木は「旦那さんがオンエアを見て興奮すれば」と否定しなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス