1. ホーム
  2. うま屋

【サウジC】レモンポップ軽快走で好気配 相棒・坂井も合格点「非常にコンディションが良さそう」

続きを見る

 「サウジC・G1」(24日、キングアブドゥルアジーズ)

 1着賞金は日本円にして約15億円-。昨年はパンサラッサが歴史的な勝利を挙げた一戦に、今年も日本から5頭が参戦する。世界最高賞金を巡る戦いには、日本馬のみならず、本場アメリカ勢を含むダート界の猛者たちが中東に集結。豪華メンバーから、どの馬がダートの世界王者に輝くのか。ウシュバテソーロ、レモンポップの日本“Wエース”を筆頭に、各馬が21日、決戦の地で堂々と最終リハを敢行した。

 昨年の春秋JRAダートG1を制し、最優秀ダート馬に輝いたレモンポップは、競馬場のダートコースで単走追い。伸び伸びと四肢を伸ばした推進力あふれるフォームでサウジの風を切り、軽快なスピードを披露した。

 昨年は同じ中東の地で行われたドバイゴールデンシャヒーンで10着に大敗。海外遠征はそれ以来の2度目だ。穂苅助手は「反応、バランスともに良く、さすがだなと感じられるものでした。乗り手に従順なところも確認できた」と好気配を伝える。ゴール板付近で相棒の走りを見守った坂井も「非常にコンディションが良さそうに見えました」と合格点を与えた。

 前走のチャンピオンズCは初の千八の距離をものともせず逃げ切りV。戦前にささやかれた距離不安を払拭した。「1周競馬よりワンターンの方がこの馬の適性がある。そういう意味では前走よりいいと思います」と鞍上。今回も同じ距離だが、さらなる質の高い走りを期待できそうだ。

 坂井自身は23日の金曜日に国際騎手競走に選出。「毎年見ている側でしたけど、今年はようやく乗れるので楽しみ。金曜日の経験をつなげていきたいです」と意気込み十分。世界の舞台で技量を競う日本競馬界のホープは「サウジCではこの馬も主役の一頭。非常にワクワクしています」と頼もしかった。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

 栗東CWで文句なしの動きを披露したドゥレッツァ(撮影・今井雅貴)

NEW 2024.4.25

【天皇賞】ドゥレッツァ春盾獲りへ向け盤石 栗東滞在効果バッチリ!尾関師「今週のひと追いでさらに良くなる」

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都) 昨年の菊花賞馬ドゥレッツァが、春の盾獲りへ向けて盤石の態勢を整えた。…

一覧を見る

馬体診断 - 天皇賞・春

テーオーロイヤル

天皇賞・春

タスティエーラ

天皇賞・春

ドゥレッツァ

天皇賞・春

ワープスピード

天皇賞・春

チャックネイト

天皇賞・春

ブローザホーン

天皇賞・春

サヴォーナ

天皇賞・春

ディープボンド

天皇賞・春

シルヴァーソニック

天皇賞・春

プリュムドール

天皇賞・春

マテンロウレオ

天皇賞・春

テーオーロイヤル

タスティエーラ

ドゥレッツァ

ワープスピード

チャックネイト

ブローザホーン

サヴォーナ

ディープボンド

シルヴァーソニック

プリュムドール

マテンロウレオ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月21日 東京10R

3連単
71,910円的中!

木村拓人

木村拓人

4月21日 京都7R

3連単
46,370円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実