文字サイズ

USJ 「ハリポタ」5周年…ホグワーツ城にプロジェクションマッピング

 プロジェクションマッピングの映像が投影されたホグワーツ城=大阪市のUSJ
 石原さとみとミニオン(提供ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
2枚

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)で絶大な人気を誇る、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が5周年を迎えた。映画「ハリー・ポッター」の世界観を再現したエリア。女優の石原さとみが5周年開幕セレモニーに駆けつけ「大魔法祭、スタート!」と記念の年に花を添えた。

 「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の新キャッスルショー「ホグワーツ・マジカル・セレブレーション」では、エリア内のシンボルとなっている魔法魔術学校「ホグワーツ城」にプロジェクションマッピングの映像を投影し、入学式のシーンを再現する。石原は「ホグワーツ城全体に魔法がかけられましたね。ショーを見終えたあと、思わず大声で『グリフィンドール!』と入りたい寮を叫んでしまいました」と映画本編を思い出して陽気に話した。

 ホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮をテーマに、各寮を象徴する赤、青、黄、緑のカラーとシンボルをモチーフにした映像が、光と音楽に加え、プロジェクション・マッピングと特殊演出効果を駆使し、ホグワーツ城に投射される。ホグワーツ城が次から次へと色を変え、来場者は目を奪われた。

 また、人気のパレード「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード~ザ・ベスト・オブ・ハリウッド~」が期間限定でグレードアップ。「ミニオン・ナイトパーティ at ザ・パレード」を追加したもので、体験価値のさらなる向上を狙った。

 石原は「ミニオン・ナイトパーティ at ザ・パレード」について「けっこうはちゃめちゃに踊りましたね」と楽しんだ様子。「ミニオンが踊ってると踊りたくなるし、ミニオンがジャンプしているとジャンプしなきゃと思わせられる感覚もちゃんと世界観に入り込めているってことなので、存分にパーティーを楽しんじゃいました」と笑顔を見せた。

 「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード」では、「ハリー・ポッター」、「トランスフォーマー」、「ジュラシック・ワールド」、「ミニオンズ」が登場。フロートの全長は520メートルで時間は55分。総フロート数は15台にも。

 見応えたっぷりのパレードで、朝から晩まで楽しめる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      旅最新ニュース

      もっとみる