神整備の甲子園 遊撃ばかりでイレギュラー3連発 スタンドどよめく 掛布雅之氏「ちょっとグラウンドが硬いのかも」「野手からすると水をまいてもらいたいような」

 「阪神1-0DeNA」(21日、甲子園球場)

 阪神園芸の神整備で知られる甲子園だが、この日は遊撃のポジションで相次ぐイレギュラーが発生し、阪神・小幡、DeNA・森敬がともに失策を記録するなど、打球処理に苦しんだ。

 二回1死一塁では、捕球直前にイレギュラーした阪神・佐藤輝の打球を軽快な身のこなしとグラブさばきでアウトにした森敬だったが、三回2死からの近本の打球も捕球直前で微妙に弾み方が変わり、グラブに当てながらも後ろにそらして失策がついた。

 阪神・小幡も三回1死からの森敬の遊ゴロがイレギュラー。グラブの土手に当たった打球が自らの顔にも当たるアクシデントとなった。

 カンテレで解説を務めた阪神OBの掛布雅之氏は小幡のプレーに関して「いいバウンドで来るんだと思って、ちょっと軽率だった。これは捕ってもらわないと」と苦言を呈しながらも、「ちょっと今日はグラウンドが硬いのかもしれませんね。野手からすると、ちょっと水をまいてもらいたいような」と解説していた。

 三回の攻撃終了後には、阪神園芸のスタッフがトンボを持ち、丁寧に各ポジションの土をならしていた。

 それでも五回2死二塁から、三遊間寄りに飛んだ西勇の打球が、またも捕球直前にイレギュラー。記録は森敬のこの日2個目の失策となったが、珍しい光景にスタンドはどよめいていた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス