阪神 ノイジーが降格後初アーチ 高めの直球を右翼スタンドへズドン 力感ないフォームでしっかりとボールを押し込む

 2回、ノイジーが右翼の先制ホームランを放つ(撮影・金居みつよし)
 2回、ノイジーが右翼に先制ホームランを放つ(撮影金居みつよし)
 2回、ノイジーが右翼に先制ホームラン。ベンチ前でナインから祝福を受ける(撮影・金居みつよし)
3枚

 「ウエスタン、阪神-オリックス」(13日、鳴尾浜球場)

 阪神のシェルドン・ノイジー外野手が降格後初アーチを放った。

 二回2死、カウント2ボールから高めの直球を押し込むと、打球は右翼フェンスを越えた。力感のない打撃フォームから力で押し込んでのスタンドイン。逆方向への一発にスタンドからは拍手が送られた。

 ノイジーはここまでウエスタンで打率・233をマーク。ノイジーの本塁打は4月5日・ヤクルト戦での1号以来で、2軍戦でのアーチは来日後初めてとなった。この一撃が1軍昇格へ、打撃上昇のきっかけになるか、注目だ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス