阪神2軍 大山が降格後初実戦 第1打席では左犠飛で打点挙げる

 1回、大山が同点となる犠飛を放つ(撮影・金居みつよし)
 1回、大山が同点となる犠飛を放ち、ベンチ前で和田監督らと祝福のタッチ(撮影・金居みつよし)
 1回、大山が同点となる犠飛を放ち、ベンチ前で和田監督(左)らと祝福のタッチ(撮影金居みつよし)
3枚

 「ウエスタン、阪神-オリックス」(11日、鳴尾浜球場)

 不振のため2軍調整中の阪神・大山悠輔内野手(29)が「4番・DH」でスタメン出場。初回1死一、三塁でオリックスの先発・川瀬から左犠飛を放った。

 実戦は2軍降格してからは初めてで、1軍での2日・ロッテ戦(甲子園)以来となる。

 今季、ここまで1軍で54試合に出場し、打率・199、3本塁打、19打点。4日・楽天戦(甲子園)ではスタメンから外れると、延長十回2死一、三塁で次打者の代打として準備していたが、打席は回らず、出番なしとなった。これで連続試合出場が227でストップ。翌5日に出場選手登録を抹消されていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス