MVP発表 セは阪神・村上頌樹が新人王とダブル受賞の快挙 パは山本由伸が3年連続

 最優秀新人選手賞と最優秀選手賞のW受賞に笑顔をみせる村上(撮影・三好信也)
 最優秀選手賞に選ばれた村上(右)と山本(撮影・三好信也)
 MVPに選ばれた山本(右)と村上
3枚

 「NPB AWARDS 2023 supported by リポビタンD」(28日、都内)

 最優秀選手賞(MVP)が発表され、セ・リーグは阪神・村上頌樹投手、パ・リーグはオリックス・山本由伸投手が受賞した。

 村上は新人王も獲得しており、ダブル受賞は1980年の木田勇、90年の野茂英雄(近鉄)に続き、史上3人目。セ・リーグでは初の快挙となった。山本は3年連続3度目の受賞となった。

 村上はプロ3年目の今季、22試合に登板して(先発21試合)10勝6敗、防御率1・75で最優秀防御率のタイトルを獲得した。今季初先発となった4月12日の巨人戦(東京ド)では一人の走者も許さない“7回完全”の快投を演じ、先発ローテーションの一角に定着。18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

 オリックスとの日本シリーズでは“開幕投手”を託され、第1戦では7回2安打無失点で相手先発の山本に投げ勝った。第6戦では5回4失点で降板したが、2試合を投げて38年ぶりの日本一に奮闘した。

 MVP争いでは盗塁王の近本、最高出塁率の大山、最多セーブの岩崎、最多安打の中野ら同僚にライバルが多く、最多勝と最高勝率の投手2冠に輝いた東(DeNA)もいたが、栄冠は“虎の村神様”に輝いた。昨季まで未勝利だった右腕が、最高の形で飛躍の1年を締めくくった。

 村上は「まさか自分が取ると思ってなかったので、とても光栄な賞なので嬉しい」と笑み。新人王との同時受賞に、「プロ野球では野茂さん以来でセ・リーグ初なので、そこに名を刻めたのは良かったです」とうなずいた。

 山本は今季、23試合に先発し、16勝6敗で防御率1・21、169奪三振。前人未到の3年連続で投手4冠に輝いた。

 すでに投手4冠に加えて、沢村賞、ゴールデン・グラブ賞、バッテリー賞、ベストナインも獲得。この日に発表されたMVPと合わせて、9冠となった。

 パ・リーグの3年連続受賞は76年から78年の山田久志氏、94年から96年のイチロー氏以来、史上3人目。「野球界の大先輩ですし、オリックスの先輩でもあるので、3年連続という同じことができたのはうれしい。偉大な先輩なので、少しでも追いつけるように日々頑張っていきたい」と語った。

 今オフはポスティングシステムを利用し、米大リーグ挑戦を目指している。近日中にも交渉が開始するとみられ、10球団以上での大争奪戦になると予想されている。

 「また新たなステージ、スタートラインに立つということで、もっともっとレベルアップしていかないといけない。とにかく一日一日を大切に、もっと努力を積み重ねていけたらと思う」と話した。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス