文字サイズ

阪神・島本 3年ぶりの登板で1回無失点 藤川球児氏も祝福「帰ってきたー」

 6回、島本は好投しナインに迎えられる(撮影・山口登)
 6回、3年ぶりにマウンドに立ち、三者凡退に抑えた島本(撮影・佐藤厚)
 6回、力投する島本(撮影・山口登)
3枚

 「巨人7-0阪神」(4日、東京ドーム)

 阪神・島本が三者凡退で2019年9月30日・中日戦(甲子園)以来、1039日ぶりとなる1軍復帰マウンドを飾った。

 0-5の六回に4番手で登板。先頭の8番・中山をフォークで空振り三振、9番・山崎伊はスライダーで右飛、1番・吉川もスライダーで遊ゴロに仕留めた。全14球で直球の最速は145キロだった。

 2020年11月に左肘のトミー・ジョン手術を受けた。リハビリ期間を経て、今年6月20日に育成契約から支配下選手に復帰。この日は約3年ぶりに出場選手登録されたばかりだった。

 「歓声がすごかったというか、頑張ってきてよかったなというふうに思います」と久々の登板をかみしめた左腕。元チームメートの藤川球児氏もツイッターで「島本帰ってきたー しかも、ちゃんと抑えてる!1軍復帰おめでとうございます」と祝福した。

 島本は「ファームで(手術から)復帰した時は、状態とか今どんな感じとかいろいろ言ってもらったんで」と先輩に感謝。2度の育成期間を経験し、「46」は自身4つ目の背番号だ。「今日からまた、この背番号で活躍できるようにやっていきたい」。不死鳥にようによみがえった左腕がチームのために腕を振る。

2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14
2022-07-13
2022-07-12

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス