文字サイズ

阪神・佐藤輝の理想はフルスイングじゃない 「力で飛ばすというより」

8回、安打を放つ佐藤輝(撮影・田中太一)
8回、坂本のタイムリー二塁打で本塁へ激走する佐藤輝(撮影・飯室逸平)
2回、右越えへ先制3ランを放つ佐藤輝。投手は広島・九里
3枚

 「広島2-7阪神」(24日、マツダスタジアム)

 阪神の佐藤輝明内野手(22)が二回に右翼席上段へ特大の先制24号3ラン。逆転優勝へ負けられない試合で2カ月ぶりのアーチを放ち、チームを4連勝へ導いた。

  ◇  ◇

 豪快なフルスイングが佐藤輝の代名詞になっているが、本人が理想とするスイングは少し違う。

 「力で飛ばすというより、力を抜いた状態で(打球速度の)速いホームランを打ちたいんです。打球速度を上げて、もっとホームランが打ちたいので」

 エンゼルス・大谷のスイングが理想型の1つ。今季メジャーでア・リーグ3位の46本塁打を放った同選手は、打球速度も自己最速が約188キロとメジャートップレベル。「打球速度が速い上にボールが飛べば長打、ホームランになっている」。映像をチェックし、ヒントを探っている。

 今季、佐藤輝が放った本塁打の最速は178キロ。余分な力を入れない打ち方を習得し、打球速度を上げることができれば、大谷級の次元にたどり着くことも夢ではない。(阪神担当・関谷文哉)

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス