阪神ドラ4・前川右京「1年目から1軍」「日本を代表する打者に」指名あいさつ

 智弁学園の初代理事長と二代目理事長の銅像を背にプロでの活躍を誓う前川右京(撮影・高部洋祐)
 ドラフトパスを手に、阪神・山本スカウト(右)と記念写真に納まる智弁学園・前川右京(撮影・高部洋祐)
 阪神・矢野監督直筆サイン入りのドラフトパスを手に笑顔を見せる智弁学園・前川右京(撮影・高部洋祐)
3枚

 阪神からドラフト4位指名を受けた前川右京外野手(18)=智弁学園=が18日、奈良県五条市内の同校で畑山統括スカウト、山本スカウトから指名あいさつを受けた。

 緊張した表情で始まったが、指名あいさつ後の取材では柔らかい表情に。「改めてプロ野球選手への第一歩というか、もう一回、新たなステージで野球をやらせていただけるんで。そこでもう一回、活躍できるように頑張りたいと思います」と、心境を語った。

 前川は高校1年から同校の4番を担い、昨夏の交流試合を含めて、4度甲子園に出場。今夏の甲子園では打率・455、2本塁打、7打点と活躍した。高校通算37本塁打とパワーが魅力だ。

 「1年目からしっかりとした体を作って、1軍で1年目から活躍できるような選手になれるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。将来は「日本を代表するようなバッターになれるように、くじけずに前を向いてしっかりと頑張っていきたい」と夢も大きい。

 ただ、とにかく謙虚。「やっぱり自覚と責任を持ってやっていかないといけないなと思っています」と、プロ野球選手として普段の行動から意識しているという。兄からも「ここで満足せずに、しっかりとした行動や発言もやっていくようにするのと、いつどこで見られているかわからないから、自分の行動一つに気を付けて、野球をもう一回、気持ちを入れて頑張っていけ」と言葉を送られた。

 ドラフト1位の森木(高知)とは、同学年で同期入団になる。連絡は取り合ったと話し「心強いところもありますけど、ここから仲間でありライバルなので、しっかり頑張って、お互い活躍して上のレベルに行けるようにしっかり頑張りたいです」と共闘を誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス