文字サイズ

岡田彰布氏がGT戦を分析「お互いに状態が良くないからな」両軍、決め手を欠く試合に

 8回、中川(右)の前に併殺に倒れるマルテ(撮影・田中太一)
 8回、空振り三振に倒れた坂本(撮影・金田祐二)
 8回、邪飛に倒れがっくりの岡本和(撮影・金田祐二)
3枚

 「巨人2-2阪神」(13日、東京ドーム)

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が、東京ドームで行われた巨人-阪神戦で本紙の解説を務めた。五回終了まで互いに主導権を奪えない展開が続き、中盤以降は好機すら作れない。九回裏は巨人が1死二、三塁とサヨナラの絶好機を作るも決められず「お互いにな。状態が良くないとこういうゲームになるんよ」と評した。

 試合は初回に巨人が岡本和の犠飛で先制。直後の二回、阪神は坂本の左前適時打で同点に追いついた。その裏、1死二、三塁から松原の二ゴロ間に勝ち越したが、阪神も四回に再び坂本が1号ソロを放ち同点。両軍とも“次の1点”が奪えないまま、中盤以降はチャンスらしいチャンスを作れず試合はペースアップして淡々と流れた。

 そして最終回、巨人は1死二、三塁の好機を作りながらも吉川、松原が連続三振でゲームセット。流れを呼び込めないままドローに終わった。岡田氏は「阪神からすれば残り10試合の段階で、ベストメンバーが組めないのは痛いよ。本来なら1年の集大成となるところやから」。一方の巨人については「最後、決めきれないところが今のチーム状態を示してるよな。坂本と岡本の状態も上がってこないしなあ」と評していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス