阪神4連勝 佐藤輝60打席ぶり安打 青柳トップタイ11勝“関東9番勝負”白星発進

 1回、適時打を放った佐藤輝(左)は大山らナインに迎えられる(撮影・田中太一)
 3回、笑顔で野手に声をかける青柳(撮影・飯室逸平)
 8回、楠本の打球を好捕する近本(撮影・金田祐二)
3枚

 「DeNA2-5阪神」(5日、横浜スタジアム)

 阪神が4連勝。DeNA、ヤクルト、巨人と敵地で対戦する「関東遠征9番勝負」の初戦を白星で飾った。

 天敵のDeNA先発坂本を攻略した。初回、近本、中野の連打で先制すると、大山の左前適時打で1点追加。さらに2死一、二塁から佐藤輝に60打席ぶり安打となる右前適時打が飛び出すなど一挙4点を奪った。

 ルーキーの一打にベンチも大盛り上がり。佐藤輝は「使ってもらっている中でチームに全然貢献できていなかったので、チームに貢献できる一本を打つことができて良かったです」と安どした。

 4-0の三回には大山の19号ソロでリードを5点に広げた。大山は八回にも中前打を放ち、9月3日・巨人戦以来、今季7度目の猛打賞となった。

 先発・青柳は6回6安打2失点でハーラートップタイに並ぶ11勝目。8月24日・DeNA戦以来、6試合ぶりの白星となった。

 中継ぎ陣も盤石だ。七回は及川、八回は岩崎、九回は守護神・スアレスが締めた。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス