文字サイズ

阪神 バント処理だけで2失策 マルテの悪送球は失点に結びつく

5回、マルテは床田の送りバントを捕球し一塁への送球が悪送球になる(撮影・山口登)
5回、床田のバントを処理するも、一塁に悪送球するマルテ(撮影・高部洋祐)
5回、マルテからの送球がそれ、糸原は懸命に捕球するもセーフになる(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-広島」(28日、甲子園球場)

 阪神の先発・秋山が追加点を許した。0-1の四回、先頭・会沢に左翼越え二塁打を浴びると、続く床田のバントを処理したマルテが一塁へ悪送球。無死一、三塁となり、上本に右犠飛を浴びた。

 この日は0-0の三回でも、1死一塁から床田のバントを処理した秋山が二塁へ悪送球。(結果は秋山の失策)。この1死二、三塁のピンチはしのいでいたが、嫌な流れが続いている。チーム失策数はリーグワーストの79となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス