文字サイズ

岡田彰布氏が高橋のピッチングを絶賛「きょうは高橋に託すゲームよ」

 9回、走者を背負いながら力投する高橋(撮影・田中太一)
 巨人打線を相手に力投する高橋(撮影・西岡正)
 プロ初完封勝利を挙げ、梅野(左)と喜び合う高橋(撮影・佐藤厚)
3枚

 「巨人0-3阪神」(25日、東京ドーム)

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が25日、東京ドームで行われた巨人-阪神戦で本紙の解説を務めた。巨人打線から13三振を奪ってプロ初完封勝利をマークした高橋について、岡田氏は「きょうは高橋に託すゲームよ」と目を細めた。

 立ち上がりからキレのいい直球で押しつつ、変化球を低めに集めて付け入る隙を与えなかった高橋。八回の打席に送り出したことで「きょうはもう高橋にすべてを託すゲームよ」と評していた。九回に不運な打球がヒットになる場面が続いて1死満塁のピンチを招いたが、丸、亀井ともにフルカウントからねじ伏せ、プロ初完封勝利を手にした。

 「(ベンチは)最後まで任せて良かったと思うよ。スアレスもここ2試合、不安定な投球が続いていたしな」と語った岡田氏。投球内容については「あの左打者の外へのスライダーよな。きょうの審判があのゾーンを広く取ってくれたことで、カウント有利にピッチングすることができた。これはすごく大きかったと思う」と分析する。

 第1戦を引き分けたことで、第2戦の重要度がより増すと評していた岡田氏。価値ある1勝を手にしたことで「ホンマに大きいよ。ただ今の相手(首位)はヤクルトやからな。今のヤクルトの戦い方を見ていると、そう簡単には落ちてこないような感じやからな。追いかけて行くには連勝が必要になるわな」と語っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス