文字サイズ

阪神先発の青柳が6回8安打2失点で降板 援護なく11勝目はお預け

6回、青柳は木下に適時二塁打を許す(撮影・山口登)
 先発し力投する青柳(撮影・飯室逸平)
5回、大山の好守にグラブを叩いて喜ぶ青柳(撮影・飯室逸平)
3枚

 「中日-阪神」(22日、バンテリンドーム)

 阪神先発の青柳晃洋投手は、6回を投げて8安打2失点で降板した。

 初回、2死一塁からビシエドに左中間へ適時二塁打を浴びて先制点を献上。これで、4試合続けて先制を許した。

 1点ビハインドの四回には、2死一、二塁のピンチで松葉を三振。五回にも、2死から安打と四球で一、二塁のピンチを背負ったが、迎えた福留を一ゴロに仕留めた。粘り強い投球で追加点を与えなかった。

 だが、追加点を許したのは六回だ。先頭の高橋周に左翼へ二塁打を許すと、1死二塁からは、木下拓に右中間を破る適時二塁打を運ばれて1点を奪われた。なおも1死二塁と危機は続いたが、代打・加藤翔を空振り三振に。1番・京田は二ゴロに打ち取って最少失点で防いだ。

 七回2死走者なしで打席を迎えると、代打・小幡が告げられて交代。リードを許した展開での降板となり、リーグトップとなる11勝目を挙げることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス