文字サイズ

阪神・小川 強気で六回の男「自分の球は打たれない気持ちで」七回の男・及川の座狙う

 阪神の小川一平投手(24)は8日のヤクルト戦でプロ初勝利を挙げた。2年目の今季、前半戦は一度も登板がなかったが、後半戦では僅差の場面を託されるまでに信頼度を高めている。活躍の要因に挙げたのは、弱気な自分からの脱却だった。

  ◇  ◇

 度胸満点の直球を武器に、小川は強力ヤクルト打線に立ち向かった。ロハスの同点2ランが飛び出した直後の六回から登板。大事な場面でマウンドを託され、中村、オスナ、サンタナを三者凡退に。その後、大山が決勝2ランを放ち、待望の初白星が舞い込んできた。

 「LINEやメール、ダイレクトメッセージも含めて件数だったら100件ぐらいは来てたと思います!!」

 家族や友人、恩師らからの祝福メッセージに初勝利の反響の大きさを実感した。記念星を挙げたこの試合、右腕が振り返ったのは、先頭・中村を内角低めで見逃し三振に仕留めたシーンだった。

 「真っすぐで押せているのは、自分の中で結構手応えを感じてるので。カウント2-2から梅野さんがインコースの真っすぐを要求してくれて、そこに自分も投げきりたいと思って投げたボールがいいところにいきました」

 このように、攻めの投球で打者に向かっていけるのが小川の最大の特長だ。実は今季の途中までは、マウンドで弱音を吐く姿も珍しくなかった投手だった。ただ、今の小川からは自信が漂っている。

 「去年は弱気で入っている部分が多くて、気持ちで負けていた部分が多かった。最近は強気で、自分の球は打たれない-ぐらいの気持ちで投げている。去年とだいぶ違った気持ちの持ち方なのかな」

 2軍暮らしが続いた前半戦は先発調整をしており、持ち球全てを投じて打者の反応を探りながら、投げる体力を身につけてきた。「それを(中継ぎの)1回に凝縮して投げられている。(先発経験から)この球だったらいけるぞっていう気持ちに変われた」と自信を深めている。

 矢野監督からも「強気で行け」と言葉を掛けられ、自らもマウンド上で「強気で-」とつぶやくようになったという。優勢の展開で小川が六回、同期の及川が七回という起用も増えてきた。七回を託されている及川に「すごいな」という気持ちを抱きつつ、いずれはその座を奪うつもりでいる。

 「オヨ(及川)が七回を投げているんですけど、自分がそこを任せてもらえるような立ち位置になれば、オヨも楽になる。(八回の)岩崎さんにつなぎたい気持ちもあります」

 遅れてきた背番号66が、今はブルペン陣を支える救世主となっている。「前半戦の躍進をしている時にいなかったのがすごい悔しかった。優勝に一つでも力になれれば」。己を変えた強気な投球で、チームを優勝に導く。

◆小川 一平(おがわ・いっぺい)1997年6月3日生まれ、24歳。神奈川県出身。183センチ、82キロ。右投げ右打ち。投手。横須賀工から東海大九州を経て、2019年度ドラフト6位で阪神入団。プロ1年目の20年6月20日・巨人戦(東京ドーム)で初登板(救援)。21年9月8日のヤクルト戦(甲子園)で初勝利。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス