文字サイズ

阪神・小川 5回0封快投も1軍切符つかめず 矢野監督「課題が見つかった」

 先発し、投げ込む小川
 8回、ソロを放った佐藤輝(手前)をZポーズで迎える小川
 3回、中村を中飛に斬る小川
3枚

 「エキシビションマッチ、阪神3-2西武」(30日、甲子園球場)

 目の前のチャンスをつかもうと必死に腕を振った。西勇の体調不良で巡ってきた先発のチャンス。阪神2年目・小川は5回3安打無失点と期待に応え「今シーズン初めての1軍のマウンドだったので絶対にアピールしたいと思っていた。0点に抑えることができて良かった」と汗をぬぐった。

 今季は先発に挑戦。6月に中継ぎで1軍昇格したが、登板機会はなかった。ファームで「六、七回を投げる体力、2、3巡目をどう抑えるか」と課題と向き合ってきた。緩急など成長も見せたが1軍の壁は高かった。

 矢野監督は「結果は素晴らしい」と評価しつつも「追い込んだところで勝負にいけていない」。今後は2軍で調整させる方針で「1軍で勝つためにいい課題が見つかった」と成長を期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス