文字サイズ

阪神・矢野監督、2死無走者からの全得点に「タイガースの強みにしていきたい」

 7回、ベンチでガッツポーズする矢野監督(撮影・飯室逸平)
9回、二盗を決め送球が逸れる間に三塁を奪う梅野(撮影・飯室逸平)
 7回、中野のタイムリーに湧く阪神ナイン(撮影・飯室逸平)
3枚

 「楽天5-6阪神」(13日、楽天生命パーク宮城)

 阪神・矢野監督が九回にディレードスチールを成功させた梅野を称賛。「相手にかなりプレッシャーを与えられたし、すごく大きな盗塁やった」と語った。

 同点で迎えた九回2死。四球で出塁した梅野は近本に対する2球目にディレードスチールを決め、捕手・田中貴の悪送球の間に一気に三塁を陥れた。そして、続く近本が値千金の決勝三塁打を放った。

 梅野は五回、七回、九回と3度も2死無走者から四球で出塁し、全て本塁に生還。指揮官は「2アウトから出て得点につながっている。そういうところはタイガースの強みにしていきたい。諦めない野球ができた」と手応えをにじませていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス