文字サイズ

阪神・小野寺 「7番・左翼」でプロ初スタメン出場 19年育成ドラフト1位入団

 打撃練習する小野寺(撮影・飯室逸平)
試合前円陣の中央で声出しする阪神・小野寺暖中央=札幌ドーム(撮影・西岡正)
 日本ハム・金子(手前)と話す糸井(撮影・西岡正)
3枚

 「日本ハム-阪神」(9日、札幌ドーム)

 8日に1軍昇格した阪神・小野寺が「7番・左翼」でプロ初のスタメン出場。2軍戦打率・308のバットでチームを勝利に導く。

 阪神の育成ドラフト入団野手のスタメン出場は、2014年6月22日・楽天戦(甲子園)の田上以来。前日には「ベンチでの声であったり、ここぞの場面での代打であったり、打つこと、声を出すこと、全てでチームを勝ちに持っていけるような仕事をしたいです」と気合を入れていた。

 小野寺は大商大から2019年度の育成ドラフト1位で入団。今年4月19日に支配下選手登録され、同24日・DeNA戦(甲子園)でプロ初出場。初打席は空振り三振だった。

 以下、両チームの先発オーダー。

「阪神」

1番・中堅 近本

2番・遊撃 中野

3番・一塁 マルテ

4番・三塁 大山

5番・右翼 佐藤輝

6番・DH サンズ

7番・左翼 小野寺

8番・二塁 北條

9番・捕手 梅野

   投手 秋山

「日本ハム」

1番・中堅 浅間

2番・一塁 高浜

3番・左翼 西川

4番・右翼 近藤

5番・DH 王柏融

6番・二塁 渡辺

7番・三塁 郡

8番・遊撃 石井

9番 捕手 清水

   投手 加藤

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス