文字サイズ

えっ?阪神・藤浪が168キロ?電光掲示板表示に球場ざわつく

7回、藤浪が投げたボールが168キロを計測!?し、スタンドがどよめく=札幌ドーム(撮影・田中太一)
藤浪の168キロ?をファールにした近藤=札幌ドーム(撮影・飯室逸平)
7回、電光掲示板に168キロが計測された時の藤浪の投球=札幌ドーム(撮影・田中太一)
3枚

 「日本ハム-阪神」(8日、札幌ドーム)

 阪神・藤浪が七回から3番手として救援登板し、168キロを計測。球場がどよめいた。

 先頭・近藤に対する4球目だった。誤作動の可能性もあるが、右翼席後方の電光掲示板は「168キロ」と表示。日本ハム時代の大谷がマークした日本球界最速165キロを3キロ更新。このボールはファウルとなり、最終的に四球で出塁を許した。

 2死三塁までピンチを広げたが、渡辺を変化球で空振り三振。右腕は自身のグラブをポーンとたたき、スコアボードに「0」が刻まれた。

 藤浪の168キロを計時した球以外は153キロから158キロと表示されていた。スピードガンがファウルの打球の球速を反映させてしまうケースもある。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス