文字サイズ

阪神・矢野監督が絶賛!勝因は「伊藤将司のピッチング」今季初の4連勝で貯金「5」

 巨人戦でプロ初勝利を挙げた伊藤将(右)を労う矢野監督(撮影・坂部計介)
 プロ初勝利を挙げた伊藤将をたたえる矢野監督(撮影・田中太一)
 5回、2ラン放ったサンズを笑顔で迎える矢野監督(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神7-1巨人」(7日、甲子園球場)

 阪神が13安打7得点で連夜の“G倒”を果たし、投げてはドラフト2位・伊藤将(JR東日本)がプロ初勝利。一番の勝因を問われた矢野監督は「伊藤将司のピッチングじゃないですか」と話した。

 7回6安打1失点、114球の堂々たる投球で巨人の打線を封じた。「本当に肝が据わったピッチングをしてくれました」と指揮官。攻撃陣も相手投手陣を打ち崩し、メモリアル星をお膳立てした。

 今季初の4連勝で貯金は「5」となり、2位・広島とのゲーム差は1・5。矢野監督は「(巨人戦で)2つ取れたというのはプラスにもちろんなりますので。明日また全員で、全員野球で取りにいきます」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス