文字サイズ

阪神ドラ1佐藤輝 8試合連続安打ならず 11球粘ってプロ初四球も

 6回、空振り三振に倒れる佐藤輝(撮影・田中太一)
6回、空振り三振に倒れる阪神・佐藤輝明=宜野座(撮影・田中太一)
2枚

 「練習試合、阪神-DeNA」(23日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 「3番・左翼」でスタメン出場した阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が2打数無安打。“プロ初四球”をマークしたが、8試合連続安打とはならなかった。

 初回2死で迎えた第1打席。先発・阪口から11球粘り、四球で出塁。ファーストストライクから積極的にスイングしつつ、的確に球を見極めていた。

 試合前に行われた円陣では、声出し役を務め「北川(打撃)コーチに言われたように、チャンスで積極的に行きましょう。チャンスじゃなくても積極的に行きましょう。全部、積極的に行きましょう」と笑顔を見せた佐藤輝。次の実戦は27日・中日戦(北谷)。バットから快音を響かせたいところだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス