文字サイズ

【俺たち丑男】阪神ドラ8石井大 ドラフト“支配下最下位”からライバルをモ~追だ

 キャッチボールする石井大(代表撮影)
 キャッチボールする石井大(代表撮影)
 ブルペン入りする石井大(代表撮影)
3枚

 2021年に『年男』を迎えた選手に、新年の意気込みなどを聞く企画。第4回は1997年生まれの阪神ドラフト8位の石井大智投手(23)が登場する。

  ◇  ◇

 “最下位の男”が下克上へ闘志を燃やした。「一番下っていうのが悔しいので、キャンプなどアピールの場を通して、自分の価値を高めていきたい」。この日、新人合同自主トレ後のオンライン取材で力強く語ったのは、阪神ドラフト8位の石井大智投手(23)=四国ILp・高知=だ。昨秋のドラフトでは、支配下指名選手の最後、74番目に名前を呼ばれた。

 この日は、同3位・佐藤蓮とともに、鳴尾浜で初めてブルペン入り。真っすぐのみを27球投じた。雪が降り、気温も低い中、「最初はバランス感覚を確かめる程度にしようと思ってたけど、平田2軍監督とかいろんな方がいらっしゃったので」と力みも入った緊張の“ブルペンデビュー”となった。

 「隣を見る余裕がなかった」ものの、「キャッチボールから良いボールを投げていた」という同期右腕の存在は気になった。「年末年始も休まず練習してたので大丈夫」と、キャンプ初日からのアピール開始へ順調に準備を進めている。

 丑(うし)年の今年は年男。チーム内で同じ1997年生まれの投手には、先にプロ入りしてすでに1軍登板を経験している小川、望月もいる。「彼ら2人はすごい経験を持ってるので、もちろんライバル心もあるんですけど、まずは新人の中で一番活躍したい」。最速153キロの右腕が支配下最下位指名から、ライバルたちをモ~追する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス