文字サイズ

阪神・井上 守備でも魅せた完璧補殺!攻守でアピール4試合連続安打

 「フェニックス・リーグ、巨人3-6阪神」(21日、清武総合運動公園第二野球場)

 打つだけではない。みやざきフェニックス・リーグの巨人戦に「4番・中堅」で出場した阪神・井上が守備でも魅せた。

 「タッチアップに入っているのが見えたので、捕る前にこの距離ならと決めていた。コースに投げないとまずアウトにならないので、それを意識して投げました」

 ピンチを救ったのは、五回無死二塁。松井が放った中堅右への飛球で二走・増田陸はタッチアップ。井上は素早く、強くワンバウンドで三塁に返球。間一髪のタイミングだったが、完璧なコースに投じて補殺した。

 慣れない中堅のポジションだったが、全く問題ない。「投手のボールが見えるので、ちょっとは1歩目を早くできたりする。それをレフトでもライトでも、前だったり後ろだったりの判断を早くできたらいい」と守備での手応えを口にする。

 バットも好調を維持する。九回に中前打を放ち、4試合連続安打とした。「いい形で打てている。継続してやっていけるようにしたい」。目標とする来春の1軍キャンプ参加へ、この秋は走攻守で猛アピールを続ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス