文字サイズ

阪神・矢野監督 中田2回交代の決断に「春先の試合とは意味合いが違う」

3回、中田を諦め投手交代のためベンチを出る矢野監督=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
2枚

 「中日4-2阪神」(20日、ナゴヤドーム)

 阪神が2カード連続の負け越しを喫した。試合後の矢野監督は「点を取れなかったのが敗因」とした。

 先発中田は2回3失点KO。指揮官は早い回の継投について「もちろん投げさせたいし我慢させたいんだけど、春先の試合とは意味合いが違う」とした。

 打線は拙攻の連続。1点を追う六回無死一、二塁から陽川はバント失敗。結果的に好機をつぶした。将は「バントをもちろんしっかりやらないといけないし、流れ的にやることをやったかと言われればそういう部分もある。でも誰かがカバーして打ってやれば、陽川のそういうのも消えると思う。中田賢ちゃんのああいうのも、打線が援護してあげれば、変わるわけだから。チームワークが求められる部分」と強調した。

2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03
2022-05-01
2022-04-30
2022-04-29
2022-04-28

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス