文字サイズ

阪神ドラ2井上、会心5号 7・29以来の一発に手応え

 「ウエスタン、阪神6-3中日」(19日、鳴尾浜球場)   

 待望の一発が飛び出した。阪神のドラフト2位・井上(履正社)が7月29日・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)以来となる5号2ラン。打った瞬間、それと分かる打球は左中間の防球ネット中段部を直撃。軽快にダイヤモンドを一周し、笑顔でホームベースを踏んだ。

 笠原が投じた初球の140キロ直球を捉え「角度も見て、いったなと思いました」という会心の一打。初球の準備を大事にし「ファーストストライクから手が出せている打席は、いい打席が続いている」とうなずいた。

 平田2軍監督は「角度が良かったね。やっぱり魅力だよ。(井上)広大のホームランという魅力を消さないようにやっていかないとな」と、これからも大きな放物線に期待を寄せる。

 8月は月間打率・175で本塁打も出なかった。それでも9月は打率・267と復調気配が漂っている。井上は「ある程度、自分のゾーンというか、目付けの位置ができてきている」と自己分析。この調子で本塁打を量産していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス