文字サイズ

阪神・小幡 2軍戦で自打球が顔に当たり流血 途中交代

2回、ワンバウンドしたの小幡ファウルボールが自身の顔に当たる(撮影・北村雅宏)
3枚

 「ウエスタン、広島-阪神」(8日、由宇球場)

 「7番・遊撃」でスタメン出場していた小幡が、二回の第1打席で自打球が顔に当たり倒れ込んだ。

 コーチとトレーナーがすぐにかけより処置。流血していたようだ。その後、自ら立ち上がりタオルで顔を押さえながらベンチへ。板山が代打に送られた。

 小幡はこの日でウエスタン・リーグ公式戦にチームトップの25試合に出場。打率・226の成績を収めている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス