文字サイズ

阪神 投手陣踏ん張れず2桁失点で敗戦 青柳3回6失点2敗目 近本4安打キラリ

 「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム)

 阪神が広島に大敗した。前夜は首位・巨人相手に9安打11得点と快勝した猛虎打線。だが、この日は序盤に6点のリードを許すなど、一度も主導権を握れず。中盤には一時2点差まで迫ったが、五回に3番手で登板した小川が2点を失うなど、中継ぎ陣が踏ん張れなかった。

 試合は初回、青柳が先頭の西川に四球を出すと、続く羽月に送りバントを決められた。その後2死二塁から松山に低めの直球を中堅へはじき返され、1点を奪われた。

 続く坂倉には右翼フェンス直撃の二塁打を打たれ、2死二、三塁。ピレラは打ちとった当たりだったが、遊撃前に高く弾み適時内野安打。立ち上がりから早くも2点を献上してしまった。

 二回は1死一、三塁から羽月にセーフティースクイズを仕掛けられ、これが適時内野安打。2死一、二塁としたが、初回に適時打を許した松山に右越えの3号3ランを浴びてビッグイニングを作られた。

 今季はここまでチーム最多の4勝で安定感抜群の右腕も、この日は3回で降板。被安打10、6失点はともに自己ワーストタイとなった。

 打線は6点を追う三回。1死二塁から近本が1ボールから森下の146キロ直球を中前へはじき返した。その間に二走・植田が一気に生還。2試合連続となる適時打で1点を返した。

 5点差の五回は1死一、二塁で代打・中谷が左前適時打。なおも1死一、二塁では、近本が左前へ2打席連続タイムリーとなる二塁打を放つなど、一時は2点差に迫った。

 じわりと点差を詰めていったが、中継ぎ陣が踏ん張れなかった。五回に登板した3番手・小川が、2死二塁で西川を申告敬遠で歩かせ塁を埋めて勝負した羽月に右翼越えの2点適時三塁打を許し、ビハインドが4点に広がった。

 敗戦の中で近本は七回に遊撃内野安打、最終回にも中前打を放ち今季2度目の4安打とキラリと輝いた。

 9連戦も折り返しを迎える。8日はエース・西勇が先発する予定。何とか連敗は阻止したい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス