文字サイズ

阪神・岩貞「思い背負って勝つことができてよかった」豪雨被害の故郷熊本に白星でエール

9回、大山のタイムリーを喜ぶ岩貞=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神2-1DeNA」(12日、甲子園球場)

 阪神の先発・岩貞が8回を3安打無失点、三塁も踏ませぬ好投で今季2勝目。「自分自身も調子は割と良かった。梅野の配球もさえていましたしそれにうなずいて投げました」と振り返った。

 唯一のピンチは八回。2死から安打と四球で一、二塁とされたが、1番・梶谷を空振り三振に斬り、気迫のこもったガッツポーズ。「点はとられるつもりはありませんでしたしこん身の球を投げようと思った」と話した。

 左腕の快投に矢野監督は「低目へしっかり投げ切れたっていうのと、すごく頼もしく見えていたというか。自分がやろうとしていることとボールが一致していた。そうだから抑えられる」と目を細めた。そして「ローテーションの中心で、西と青柳とサダが引っ張っていってくれれば、チームがだいぶ安定し始める」と今後の期待も込めた。

 岩貞は豪雨の被害のあった熊本出身。「登板前から地元の同級生からラインも来ていた。そういう思いも背負って勝つことができて良かった」。故郷に白星でエールを届けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス