文字サイズ

阪神・梅野「プロなので結果も出していかないと」現状打破へ決意

 阪神・梅野隆太郎捕手(29)が3日、取材に応じ、現状打破へ決意をにじませた。チームは2勝10敗で最下位に沈む。4日の広島戦で連敗を止めるため、「野球というものに素直に取り組んでいって、プロなので結果ももちろん出していかないといけない。いつか勝てるじゃなく、目の前の試合をまずはやっていくことが大事だと思う」と力を込めた。

 バットへの期待も大きい。打率・321、2本塁打、3打点と好調で、1日・中日戦(ナゴヤドーム)では2号ソロを放ち、3日の同戦では6番で先発出場した。「(調子は)悪くないと思うし、しっかり自分のタイミングでね。チームに貢献する一打っていうのは打席の中で出していけるようないい緊張感を持って集中してやっていきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス