文字サイズ

阪神エドワーズ まるでリベラ!強烈カッターで福留バット粉砕 矢野監督、太鼓判

 「阪神春季キャンプ」(14日、宜野座)

 阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)=前インディアンス傘下3A=が14日、フリー打撃に登板し、通算652セーブを挙げた元ヤンキースのリベラを参考にした“カッター”で福留孝介外野手(42)のバットを粉砕した。決め球のジャイロスライダーではジェリー・サンズ外野手(32)=前韓国・キウム=から空振りを奪うなど、矢野燿大監督(51)はジョンソンの後釜として太鼓判を押した。

 エドワーズが投じた1球は、激しい衝撃音を生んだ。ベース手前で鋭く曲がったカットボール。フルスイングした福留のバットは粉砕され、折れた白木が防球ネットの金属部で鐘を鳴らす。開幕に向けた“GO音”。驚く球界最年長は両手を広げてお手上げポーズだ。助っ人は「大事な部分だ」と、このシーンを明快に振り返る。

 「僕と似たタイプの投手で、リベラも同じ性質を持っているんだ。彼もその性質を生かして、いい結果を残すことができたと思う」

 ブルペンではトラックマンで球の軌道、回転を入念に確認。メジャー在籍時から分析機を駆使してきた理論派でもある。「見て、考えて、参考にする」助っ人が、同じタイプと口にしたのはリベラ。かつてヤンキースに在籍し、MLB歴代最高の652セーブ。史上初めて満票で殿堂入りした守護神だ。

 そんな絶対的クローザーを参考にした魔球だけじゃない。11日のシート打撃でも見せ、この日はサンズから空振りを奪ったジャイロスライダーを矢野監督は絶賛。「簡単に打てそうな感じには見えないね。日本ではあまりいないタイプ。だから、俺はジョンソンに近いと思っている」。打者には浮き上がるように見えながら、鋭く横に曲がる決め球。エドワーズが解説する。

 「弾丸のように回転して曲がる。下に落ちるのではなく、横にキュッと曲がるイメージ。この球で打者から空振りを取りたいね」

 キャンプ2度目の打者を相手にした投球。福留、サンズに加え、マルテを相手に37球を投げ、安打性の打球を許さなかった。ボール球は18を数えたが、その大半は「ゾーンを確認した」という際どいコース。得意とする高め直球の判定に日米の違いを感じたが「これに対してどう対応していくかが大事になる」と前向きに収穫と捉えた。

 守護神・藤川につなぐ八回を期待される。今後は次クール以降、対外試合登板に向かう流れだ。「どんな時でも投げられるようにしたい。一番の目標はチームを勝ちに導くことだ」とエドワーズ。ジョンソン似でリベラの球を持つ男。勝利の方程式を担うべく、日本野球への順応に励む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス