文字サイズ

「事実と異なる」「夫婦ゲンカが日常茶飯事」「真実を話したい」阪神・守屋一問一答その1

記者会見する阪神・守屋功輝=西宮市内(撮影・北村雅宏)
3枚

 妻を殴ってけがを負わせたとして、兵庫県警が傷害容疑で書類送検したことが明らかになった阪神の守屋功輝投手(26)が23日、兵庫・西宮市内の球団事務所で緊急会見を開いた。一問一答は以下の通り。

 (守屋自ら)

 「本日は私事でお集まりいただきありがとうございます。また大変お騒がせをし、応援してくださっているファンの方々、チームメートや関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。週刊誌の件につきましては事実と異なることが多く、今後につきましては弁護士と話し合いをし、法的措置を取ることも検討しております。また球団の方からは他の選手同様にキャンプインしていいと言ってくださったので、そこはしっかり感謝の気持ちを持ってチームに貢献できるようにこれから取り組んでいこうと思います」

 (テレビ代表インタビュー)

 -一部週刊誌でDV、モラハラということが出ていたが、改めてご自身の認識は。

 「夫婦ゲンカが日常茶飯事に起きていまして、妻の方から暴れ出して、引っかかれたりとか、そういうことを止めるために手首を持ったことはあります。持った上でもまたやろうとするというのがあって、ああいった写真、内出血になったんだと思います」

 -谷本球団本部長からは守屋選手も暴言、暴力を受けて苦しんでいたと説明があった。

 「そうですね、本当にケンカは日常茶飯事に起きていて、何か妻が思い立つとガッときて手を上げられたりとか、遠征中とかはグローブとか、通勤で使用しているリュックなどを壊されたりとかそういうこともあって、結構精神的にきつかったというのはあります」

 -被害届を出さなった理由は。

 「やっぱり夫婦のことですので、そんなことで被害届を出すというのは人として、僕はあり得ないとは思っていたので、それでしなかったのが一番です」

 -相手が出したことについて。

 「12月中に協議離婚に向けた話し合いをお互い弁護士を付けた上でしてまして、そこで円満に協議離婚の話し合いをしている中で、急に警察の方から僕の方に電話が入り、それで被害届を出されているという事実を知って、そういうこともあってちょっと話が決裂してしまったというのはあります」

 -今後どのように推移を見守っていくか。

 「僕はあったことを話すだけで、真実を話したいというか、そういう気持ちです」

 -キャンプに向けてはどのような気持ちで準備していくか。

 「やっぱり今回のことで本当に多くの方々にご心配というかお騒がせをしてしまったので、そこを重く受け止めてその分しっかりチームの方に貢献できるように取り組んでいきたいと思います」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス