文字サイズ

阪神・浜地「今までの1月と全然違う」千賀、菅野、ソフト上野らと合宿

菅野(手前)の投球を見つめる浜地(撮影・山口登)
3枚

 阪神の浜地真澄投手(21)が18日、福岡県久留米市の野球場で「鴻江(こうのえ)スポーツアカデミー」主催の合同自主トレに参加した。ソフトバンク・千賀、巨人・菅野、ソフトボール女子日本代表・上野ら、一流投手が集う豪華合宿。濃密な5日間を打ち上げ、2月1日からの猛アピールを誓う。

 「鴻江スポーツアカデミー」を主宰する鴻江寿治氏が掲げるのは、人の体は「うで体=猫背」と、「あし体=反り腰」に二分されるという理論。浜地は巨人・菅野や、楽天・岸らと同タイプの「うで体」だった。体の仕組みを理解し、メソッドに沿った投球フォームに改良することで、劇的な変化が生まれた。

 「言葉で表現するのは難しいですが、自分のフォームを理解することができた。いい悪いがはっきりと分かる。それが一番の収穫。球速は測ってないですが、見る景色で変わりました」

 実際に測定はしていないが、球速は格段にアップし、球の力強さも増したという。交流のあったソフトバンク・千賀に志願する形で合宿に参加。日本代表のエースから多くを学んだ。千賀も「いいボールを放りますね。あとはこれをどう生かすか。自分次第です」とエールを送り、「また1軍で会えるよう、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」と共闘を誓う。

 勝負の4年目。浜地が目指すのは、まず開幕ローテ奪取だ。「いままでの1月と全然違った。いい準備ができました。実戦も早いので、しっかり準備していきたい」。2月1日のキャンプインに向けて、一流エキスが大きな力になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス