文字サイズ

【矢野監督・新井氏 対談3】矢野監督「近本と植田が盗塁王争いすれば面白い」

 虎党が喜ぶ新年の誓いだ。阪神・矢野燿大監督(51)を、デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が直撃。矢野監督は就任1年目の2019年に6連勝フィニッシュで3位に浮上し、奇跡の逆転CS進出を果たした。現役時代に優勝を経験している2人は、チーム一丸で戦った昨季終盤の戦いぶりから、今年の飛躍を予感。指揮官からは優勝宣言まで飛び出した。対談その3。

  ◇  ◇

 新井貴浩氏(以下、新井)「今、タイガースはすごくチームのバランスがいいと思うんですよね。シーズンで勝つためには、若手、中堅、ベテランが一緒になって、開幕ダッシュするには若手の『行くぞ』っていう勢いも必要だし、夏場の苦しい時はベテランの経験が生きると思うんです。タイガースでベテランなら孝介(福留)、糸井、能見、球児ですかね。あと、北條あたりは中堅になってくるんですかね」

 矢野監督(以下、矢野)「北條は中堅に近いやろうね」

 新井「個人的な思いなんですが、北條はベテランと若手をつなぐ中堅としていい成長をしているなと感じています。ベンチスタートでもライバルポジションの選手が打って喜んでいる北條の姿を見て、いいなって思って。そういう意味では、レギュラーとかレギュラーじゃないかは別にして、彼がすごく重要になってくると思うんですけどね」

 矢野「本当に欠かせない選手で。自分が試合に出たいはずやし、人がヒット打った時に『ヤバい、アイツ打ちよった。出られへんようになる』というのが普通だと思うんだけど、北條はその思いもありながら、やれているというところにすごさがあって。だから、北條を使って悪い結果が出ても、それが一切後悔にはならない。そう思えるような選手って、何人もいるわけじゃないから、ほんま大事な選手やね」

 矢野「去年(の経験でチーム力は)上がったし、秋季キャンプからは井上コーチも、北川コーチも来てくれて。山本昌さんにも(臨時コーチで)指導してもらってすごく楽しみが増えた。高橋遥人は1つのテンポとか、球種も同じようなスピード感が多かった中で、いろんな球種を投げられるようになったし。秋山や岩貞も面白そう。昌さんは望月も一生懸命、見てくれて。みんながレベルアップしてるから。もう優勝やな(笑)」

 新井「優勝ですね!投手は12球団でチーム防御率1位じゃないですか。またいい投手が出てきたとなったら…」

 矢野「まだ若手は伸びしろがある投手がいるからね。才木なんかは去年、全く働いていないしね」

 新井「彼は18年に(6勝して)パッと出たんですよね。カープの選手はいいと言っていました。背が高いし、腕も長いし、真上から投げ下ろすんで。いい時は真っすぐとフォークの区別がつかないみたいです。スピンもあるから速く感じると言っていました。すごく楽しみなピッチャーが出てきたなと。しかも本格派の」

 矢野「そうやね。スケールが大きめの。あと、晋太郎(藤浪)ももちろん良くなってきているし」

 新井「野手にも若い選手は多いですもんね」

 矢野「俺は植田海も楽しみにしてんねん。海がスタメンで多く出るようになった時は、近本より盗塁していると思う」

 新井「そう思いますね。すごいですよね、代走でいって、普通に盗塁を決めるじゃないですか。周東選手(ソフトバンク)もそうですけど、みんなからフルマークされて、警戒される中をかいくぐって、走ってセーフになるってランクが違いますよね」

 矢野「そうそう、本当にランクが違う。周東も海(植田)もランクが違う。近本と海が盗塁王争いをするようになれば面白いし。守備もゴールデングラブ賞を取れるぐらいの能力は持っていると思う。打撃のレベルさえ上がれば、面白い存在になると思うよ」

 新井「僕はプレミア12で解説をしていたんですけど、タイガースの選手がいなかったじゃないですか。残念だったんですよね」

 矢野「確かにね…。寂しいよね」

 新井「寂しいですよね。プレミア12でもタイガースのユニホームを着て応援している人が、内野や外野でもテレビ画面に映っているのを見たんです。『野球が好きなんだろうな、でも、タイガースの選手がいたらもっとうれしいんだろうな』って勝手に思いながら解説していたんですけど。今年はオリンピックイヤーですし、開幕から大活躍して、日本代表に選ばれるような選手が出て来てほしいですよね」

 矢野「そうやね。俺らは北京五輪でメダルを取られへんかったけど、日の丸を背負うってこんなに重いんやなっていうのを感じた。やっている時は苦しくて逃げたいけど、後々めちゃめちゃいい経験になっているはずやから。日の丸を背負うのと、背負えへんってめちゃめちゃ成長が違うと思うし。選んでもらえるような選手が出てきてくれたら、それは最高。ぜひとも、そういうモノもモチベーションにしてやってもらえたらと思うね」

 (続けて)

 矢野「もう一回(五輪で)やれ、と言われたらイヤやけどな(笑)」

 新井「そうですね(笑)。しかも、4位だったんで」

 矢野「天安門の前をバスで行き来して苦しかったけど。外出もできへんし(笑)」

 新井「今はWBC、プレミア12もあって、それぞれいい国際大会ですけど、オリンピックって重みが違いますよね」

 矢野「違うし、自国開催でしょ。そんなんないやん!オリンピックに出たという価値と学びはとんでもなくあるから。あの緊張感や、震えて野球をやるのが怖いという中でプレーするのはめっちゃいい経験になる。ジャパンのユニホームを着て、暴れ回ってくれたらうれしいね」

 新井「苦しい経験ですけど、かけがえない経験になるし、チームにフィードバックしてほしいですよね」

 矢野「もちろん。言えることの重みも全然違ってくると思うし、またランクが上がって帰って来られると思うんで。日の丸を背負ってほしいね」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス