文字サイズ

近本は3倍増の4500万で更改 藤浪以来の大幅昇給「素直にうれしい」

契約更改を終え、満面の笑みで会見に臨む阪神・近本光司=球団事務所(撮影・高石航平)
2枚

 阪神・近本光司外野手(25)が6日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、今季1500万円から3倍増となる年俸4500万円でサインした。球団では、14年の藤浪に並ぶ大幅昇給となった。(金額は推定)

 「素直にうれしい。シーズン通して1軍に帯同できたのがよかったと思う」

 今季は142試合に出場し、打率・271、36盗塁、9本塁打。159安打をマークして長嶋茂雄(巨人)が保持していたセ・リーグ新人最多安打記録を61年ぶりに更新した。また、盗塁王のタイトルとセ・リーグ新人特別賞を受賞。球団新人で盗塁王に輝いたのは2001年の赤星以来、18年ぶりの快挙となった。

 2年目となる来季。「2年連続の盗塁王を狙っていきたい。来年、2年目のシーズンになるんですけど、しっかり結果を残してチームのリーグ優勝、日本一に貢献したい」と力強く誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス