文字サイズ

ドラ2・井上が描くもう一つの夢…プロでもバット寄贈 甲子園球場を見学

甲子園をバックにポーズをとる阪神のドラフト2位・井上広大=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚

 阪神の新入団選手8人が1日、球団施設見学のため甲子園球場と鳴尾浜球場を訪れた。ドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=は、甲子園歴史資料館を見学し、改めて阪神の伝統を実感。「自分も歴史に残る選手になりたい」と意気込んだ。

 ドラフト指名後から、ホームラン王を目標に掲げる若きスラッガーだ。今年の夏の甲子園決勝戦では、ヤクルトのドラフト1位、星稜・奥川から決勝3ランを放っており、「プロでもバックスクリーンに打ちたい」と目を輝かせた。

 そして井上は、もう一つの“野望”を語った。甲子園から使い始めた、いわば「優勝バット」は甲子園歴史資料館に寄贈。その後、阪神入りが決まったという。

 「縁も感じますね。(昨年のドラ1の)近本さんのものもたくさん飾ってありましたし、自分のも1日でも早く飾られたいですね」。プロでも活躍して阪神球団に、甲子園に恩返しを-。阪神・井上のバットが飾られる日は、そう遠くない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス