文字サイズ

ジョンソン流出危機「NPBならタイガース」も…メジャーと2択 残留交渉長期化へ

 阪神の谷本修球団本部長(55)が26日、残留交渉中のピアース・ジョンソン投手(28)を保留者名簿から外す可能性を示唆した。提出期限の30日を前に「ルールはルールなんで」と同名簿から外さざるを得ない交渉状況であることを明かした。同名簿に記載されなかった場合は自由契約となるが、今後も粘り強く交渉を継続していく。

 谷本球団本部長は25日に「今週中に決着をつけたい」と前向きに話していたが、雲行きが怪しくなってきた。「メジャーから声がかかるのであれば、タイガース以上の条件が出てくることもあり得るんだと思います」。ジョンソンが米球界のオファーを精査しているため、結論が長引いていることを明かした。

 ただ、日本の他球団に流出する可能性はない。ジョンソンは「NPBならお世話になったタイガース」と阪神へ返答しており、結論はメジャー復帰か阪神残留の二択となった。

 米国では12月上旬にウインターミーティングが開催される。ジョンソンが新たなオファーを待ち、決断は同会議後になることも考えられる。谷本球団本部長は「待つことになるんじゃないかと思う」と長期化も覚悟して交渉を続けていく。

2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03
2022-05-01
2022-04-30
2022-04-29
2022-04-28

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス