文字サイズ

藤浪、紅白戦で2回3失点2四球も抜け球なし 今年ラスト実戦

3回無死、阪神・藤浪晋太郎(左)から安打を放つ阪神・藤谷洸介=安芸(撮影・高石航平)
3枚

 「阪神紅白戦、白組-紅組」(17日、安芸市営球場)

 拍手で迎えられた。2年ぶりとなる安芸の紅白戦でのマウンド。紅組2番手で藤浪がマウンドへと上がると、2回3安打3失点2四球で今季の“ラスト実戦”を終えた。

 今キャンプの集大成だった。三回から登板すると、先頭の藤谷には左前へ。さらに熊谷にはストレートの四球を許した。観衆も固唾(かたず)を飲んで見守る中、続く木浪への内角球が暴投に。この間に無死二、三塁となった。その後1死となるが、北條がカットボールを捉え右前への2点適時打を放った。それでも最後は陽川を4-6-3のダブルプレーに。なんとか踏ん張った。

 注目の2イニング目も、板山にストレートの四球を許す。その後味方のミスもあり、2死三塁となると、今度は藤谷に適時打を許した。2回3失点。今季ラストゲームを無失点締めとはならなかったが、この日の抜け球はなし。最後のアウトを奪うと、温かい拍手と共に声援が送られた。

 今キャンプでは山本昌臨時コーチと二人三脚で、改善をはかった。指導初日にチェンジアップを教わり、中盤には元中日・川上憲伸氏のカットボールを伝授された。全てが藤浪の引き出しに。今年最後の実戦を前に、3つの金言も授けていた。

 (1)「手首を立てろ」

 (2)「上を見るな」

 (3)「(ミットまでの)ラインを外れるな」

 レジェンドの金言を胸に臨む登板。藤浪は結果、内容以上に「感覚」を求める。「いい感じで投げられているので、それを出せるかどうか。しっかりやるだけです」。苦しんだ1年の集大成。この日の30球を糧に、来季へとつなげる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス