文字サイズ

糸原が屋外ノックを開始「しっかり治して春にはいけるようにしたい」

 右大腿部後方の筋挫傷でリハビリ中の阪神・糸原健斗内野手(27)が5日、兵庫・西宮市内にある2軍施設、鳴尾浜球場でで屋外ノックを再開した。三塁の守備位置で20球、ダッシュや室内で打撃練習も行った。「(状態は)よくなっています。しっかり治して春にはいけるようにしたい」と順調な回復具合を明かした。

 2年連続全試合に出場した。それでも打率・267など、昨季から数字を落としただけに「監督が使ってくれたので。成績は申し訳なかったので、誰にも文句を言われない成績を残せるようにしたい。打率もそうですし、出塁率も全然でした」と悔しがった。

 球団では史上最年少で主将就任。チームを鼓舞しながら3位に浮上し、CSではDeNAを破ってファイナルSに進出した。「より一層、優勝したいという気持ちが出てきました。若い選手も多いですし、若い力で優勝したい。そこを目標にやっていきたいです」。キャンプ最終クールには、残留組の練習に合流できる見込み。来季、15年ぶりのリーグ優勝に向けて、覚悟を持ってオフシーズンを過ごす。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス