文字サイズ

阪神 四回に反撃開始 暴投で1点返すも2死満塁は生かせず

 4回、満塁の好機で中飛に倒れた阪神・大山悠輔
2枚

 「セCSファイナルS・第1戦、巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 5点のビハインドを負った阪神が四回に反撃を開始した。今季のセ・リーグ投手三冠に輝いた巨人先発・山口の前に完全に打線は沈黙していたが、福留が2死からチーム初安打となる右前打で出塁。マルテも右前打で続き、糸原が四球を選んで2死満塁のチャンスを迎えた。

 ここで打席に入ったのは高山。カウント2-2からのフォークはワンバウンドの暴投となり、捕手・小林が後逸し、その間に福留がホームを踏んだ。結局、高山も四球を選び、再び2死満塁に。一発が出れば一気に同点となる場面だったが、大山は中飛に倒れ、得点は1点のみで終わった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス