文字サイズ

メッセンジャー「アリガトウオオシマサン」引退登板の相手から花が届く【一問一答1】

1回、メッセンジャーは大島を空振り三振に打ち取る
3枚

 「阪神6-3中日」(29日、甲子園球場)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が、引退セレモニーを行った。

 試合後には記者会見。これまでの野球生活を振り返り、関係者やファンに感謝の思いを口にした。また、ラスト登板の相手役となった中日・大島からクラブハウスに花が届いたことも明かした。

 会見での一問一答は以下の通り。

 -緊張は。

 「引退セレモニーを開くという話を聞かして頂いたときにそこから毎晩、あまり眠れていないのですが、色んな思いが頭の中を通っていたので、なかなか寝られなかった」

 -ご家族とは。

 「家族にも今日の特別な日を楽しんで欲しかったので、こういうセレモニー、流れを何回も復習しながら涙を流してもらってもいい、という話をして。とにかくセレモニーは一緒に楽しもうね、という話をした」

 -メッセンジャー投手の子どもたちからの言葉は。

 「上の子3人は特別な日を分かってくれると思いますが、一番下の子、ローランドちゃんはちょっと小さいのでまだ、ちょっと分からないと思うんですけど、まあでもみんなで後になっても映像とかで見てもらって、やってたことを分かってもらえたらなと思う」

 -選手たちがメッセンジャーのTシャツを着ていた。

 「あのTシャツを作らせてもらった時、みなさんにあそこまで気にいってもらえるとは思わなかったし、そのTシャツでサプライズしてくれたのはうれしかったです。今日、サプライズ自体を考えてくださったみなさん、(日本語で)アリガトウゴザイマス」

 -最後の甲子園のマウンド。

 「本当、グラウンドに出てあれだけの歓声をいただいていたのは光栄ですし、タイガースファンは世界で最高のファンだと、世界一だと思っています。あれだけの歓声をいただいて本当に感謝しています」

 -全球直球で三振。

 「全部真っすぐ投げて、アリガトウ、オオシマサン。大島選手は何度も何度も対戦してきましたし、まあ、あれだけの方があの形で応えてくださったことが本当、意味を持ちますし、実はクラブハウスの方にお花も大島選手にいただきまして本当に感謝しています」

 -納得のいく投球はできたか。

 「結果としては三振を取れたのも真っすぐですし、そういう意味では良かったかもしれないが、やっぱりファンの方が良く声をかけてくれ、『非常に良い真っすぐを投げる』との声をたくさん聞いていたので、真っすぐを投げたかったですし、このために力強く腕を振って投げれたとは思う」

 -チームもメッセンジャーのために勝利を届けたかった。

 「本当に今、CSに向かってまっしぐらだと思う。チーム全体がいい雰囲気でいい野球ができて、いい戦いができていると思う。そんないい野球を自分の目の前でしてくださったことが、感謝。チームメートたちと素晴らしい野球人生が送れて感謝しているよ」

 -胴上げは7回された。

 「日本に来て、胴上げをすることはありましたが、されることは今まで無かった。なかなかない経験をさせてもらったよ。持ち上げてくれるかどうか不安だったからね」

 -今後はどのように生活を送る予定か。

 「これまで子どもたちが、特に1番上の子どもが11歳になるが、自分のキャリアを声援という形で支えてくれたので、まずは子どもたちに何でもいいのでスポーツを教えて、今度は子どもたちに恩返し、何かこうスポーツを教えていってあげたい」

 -球場に来られなかったファンや全国のファンに向けて。

 「来られなかったファンの皆さんも心からありがとう。(日本語で)ホントウニアリガトウゴザイマシタ。ヨロシクオネガイシマス」

 -最後に一番好きな日本の言葉は。

 「時間つぶし!山口ピッチングコーチとの間の冗談でね」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス