文字サイズ

阪神が逆転CSに連勝 代打鳥谷が今季初の決勝打 球団史上初7投手の完封リレー

9回から登板する阪神・藤川球児=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神3-0DeNA」(22日、甲子園球場)

 阪神が球団史上初の7投手での完封リレーでDeNAを下して連勝。逆転CS出場に向け、負けられない戦いが続く中、投打でナインが意地を見せた。代打・鳥谷が今季初となる決勝打。この日、今季限りでの引退を発表した横田に、一丸野球で惜別の勝利を届けた。

 試合は序盤、静かな立ち上がりだった。初回、先発の望月は横田が登場曲にしていた、ゆずの「栄光の架け橋」を流してマウンドに上がった。先発投手は、お気に入りの登場曲が流れるのが通例。望月は今季、ベリーグッドマンの「ライオン」を登場曲にしていたが、この日は特別仕様。長く2軍で共に暮らし、腰を手術した際には、リハビリの時間を共有した間柄。思いを曲に込め、初回のマウンドを無失点で抑えた。

 四回、2死から大和に右前打を浴びたところで、矢野監督が動く。逆転CSに向けて1試合も負けられない中、ここで能見にスイッチ。柴田を右飛に抑えてつなぐと、五回だった。1死から北條が四球で出塁。梅野は死球で一、二塁とした。ここでガルシアに代わって鳥谷が代打で登場。DeNAの先発・バリオスに対して、1ボールから2球目。真ん中低めの144キロを狙った。

 鋭い打球は瞬く間に三遊間を抜け、二走・北條が先制のホームに滑り込んだ。さらに、続く木浪の打席では三遊間の打球で激走。ショート・大和は二塁に送球し、一度はアウトの判定も、矢野監督のリクエスト後に覆った。

 バットで、走塁でチャンスを演出すると、再びスタンドからは、割れんばかりの大歓声が響いた。「中盤まで0点で来ていたので、なんとか先制点をと思っていました。抜けてくれて良かったです」。続く六回には2死二、三塁から、梅野の左前適時打で1点を追加した。

 五回には本来、先発のガルシアを中継ぎで起用。岩崎、島本、ドリスとつなぎ、最後は藤川が締めて15セーブ目。CS進出に負けられない矢野監督は「いや、もうね。ある部分ではもう思い切っていくしかないところも、ね。それぐらい俺らも追い込まれてる部分と、いくしかないっていうところがあるのでね。行くところはいきます」と球団史上初の7投手による完封リレーを振り返った。

 また、近本が四回に右前打を放ち、今季156安打。2017年・源田壮亮(西武)を抜いて、新人シーズン安打歴代単独3位とした。さらに二盗も決め、35盗塁。2位の山田(ヤクルト)に2差とし、盗塁王のタイトル獲得にまた1歩近づいた。

 シーズンは残り4試合。依然として1試合も負けられぬ厳しい戦いが続く。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス