文字サイズ

阪神、守備のミス帳消しに 中日アルモンテが判断ミス

 3回、ビシエドの三ゴロをさばいた大山からのボールを一塁へ送球しようとした時、ボールを落球するソラーテ(撮影・北村雅宏)
2枚

 「中日-阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 12球団ワースト91失策(11日終了時点)の阪神が、相手の判断ミスで、守備のミスが帳消しとなった。

 三回1死一塁。大山がビシエドの三ゴロを捕球後、併殺を狙って二塁へ送球。これを二塁・ソラーテが捕球できず、左翼方向へはじいてしまう。二塁塁審・芦原はセーフをコールした。

 しかし、一塁走者・アルモンテはスライディング後に目を切り、審判の判定も確認しておらず、アウトだと勘違いしたまま、一塁ベンチへ引き上げようとした。

 すると、一塁・マルテが二塁まで走り、アルモンテを追い抜き、二塁で送球を受けて封殺。ソラーテに失策も記録されず、ガルシアはこの回を無失点で切り抜けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス