文字サイズ

藤浪、変わっとらん!“危険球”連発 バント処理悪送球 6回4失点

 「ウエスタン、中日9-5阪神」(10日、ボールパーク高岡)

 再昇格につながるような投球はできなかった。2軍降格後、初先発した阪神・藤浪が6回を投げ8安打4失点、3四球。やりきれなかった思いを吐露した。

 「立ち上がりは良かったんですけど、自分の思う通りに投げられなかった。いい感じではなかったですね」

 右打者への制球が安定しなかった。三回1死から相対したA・マルティネスには頭部付近にボールが抜けた。四回の先頭打者だった伊藤康にも初球、2球目と連続で体付近にボールが行くなど、苦しい投球が続いた。

 さらに守備では五回無死一塁から、大野奨が投手前にバントを転がしたが、藤浪は一塁へ悪送球。課題が克服できていない現状を露呈してしまった。

 決め球についても「追い込んでからのヒットも多かった。もうちょっとなんとかできたのかなと…」。2点ビハインドの六回は2死から連続四球でピンチを招いた。続く大野奨には、カウント2-0から3球目のスライダーを中前にはじき返された。満塁となり、A・マルティネスに2点二塁打を浴びた。

 平田2軍監督も六回をポイントに挙げ「あそこでギアを入れて粘ってほしいところだった」と言う。次回も2軍戦で先発する藤浪は「2軍で結果を出すしかないし、技術練習をね。早く上がれるように練習するしか」と必死に前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス